Hampton Lumber 日本


会社概要
グローバルランバーの沿革

ハンプトンランバーは、良質の木材製品を70年以上にわたり製造しています。1942年、バド・ハンプトンはオレゴン州のウィラマイナに最初の製材所を購入しました。ワシントン州タコマでビジネスを行っていた材木会社に木材製品を供給するためでした。その後、森林や新しい製造工場などが増えていき会社が大きくなると、バドとその息子達は、周囲の人々やコミュニティに深く献身し、事業の継続に大きな責任を持つようになりました。今日では、これらが当社の企業文化として根付いています。現在は3代目の家族経営会社として、オレゴン州とワシントン州、ブリティッシュ・コロンビア州に合わせて9ヵ所の製材所を持つまでに成長しています。製材所で作る木材以外にも、当社はアメリカ全土で、また当社の輸入/輸出部門では世界中のお客様に対し、木材の卸売り販売もしています。また、オレゴン州とワシントン州にSFI認定の森林12万エーカーを所有し、ブリティッシュ・コロンビア州では約30万エーカーの公有林を管理しています。

バドの孫である、ジェイミー、デービッド、エリザベスが会社の舵取りをしていて、バドの行った持続可能な森林及びコミュニティへの取り組みを継続しています。今日、ハンプトンランバーは1600人の従業員を擁し、その一人一人が、ハンプトンランバーが持続可能な成功企業となるよう力を尽くしてくれています。

 

 

 

ハンプトンランバー
木材の枠組みから貼り合わせまで、お客様のニーズにお応えします。

幣社はお客様の変化するご要望にお応えするため、ユニットやコンテナでの製品提供、鉄道またはトラックなどでの製品輸送を行い、多様な木材製品の取り扱いを行っています。品質、多品種、量対応。幣社はお客様が必要なときに必要な場所へ、適切な製品を届けることができます。当社のオフィスは、オレゴン州ポートランドとブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドにあり、営業部隊は常にお客様のニーズにお応えできるよう準備が整っています。また幣社の製品は、輸出部門のトランス・パシフィック・トレーディング(TRAPA)により、全世界に輸出されています。年間約35億ボードフィートの木材、3億平方フィート以上のOSBと合板を遠近の届け先まで出荷しています。

 

 

グローバルセール
トランス・パシフィック・トレーディング (TRAPA)

ハンプトンはブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドに本社のある子会社、トランス・パシフィック・トレーディングを通じて、様々な木材製品を輸出しています。TRAPAは、様々な木材製品を20ヶ国以上の国々へ販売する専門会社で、日本、中国、台湾などと取引しています。リッチモンド本社以外に、ブリティッシュ・コロンビア州ポート・アルバーニや東京にオフィスを持っており、ハンプトンランバーのオレゴン州ポートランドにある営業オフィスと一緒に販売活動を行っています。このTRAPAと幣社の営業部隊の混成チームが責任を持ってハンプトンランバー社の製材製品のオフショアでのマーケティングを行っています。さらにTRAPAは沿岸部における特注木材の裁断プログラムを多数維持しており、工場外およびブリティッシュ・コロンビア州、アルバータ州、アメリカ合衆国太平洋岸北西部の木材製造会社に対し営業活動やマーケティング活動を行っています。

VISIT TRAPA